cabinets back back(2018.01)
next 2018.2.2 雪  のち 晴れ
   木々は真っ白銀世界。もう、雪掻き車はきたようだ。アプローチには新聞屋さんの足跡。我が家が起きだすころには、世の中動き出している。
  積雪 積雪
   
   積雪は17cm。大雪注意報が出ていた割には、少なくてホッとする。しかし、前回の雪より湿っていて少し重い。
  積雪
   
   雪掻きをした後からも雪が降り、塗装した階段に降った雪は金平糖のような結晶が見える。矢張り、湿っぽい雪。
  雪の結晶
   
   ダンコウバイの木を雪がついて枝ぶりがはっきり。ダンコウバイは黄葉もいいが、雪景色もいい。。
  ダンコウバイ
   
next 2018.2.3 晴れ
   ツララのカーテン生長中。冬の風物。
  積雪
   
   窓際にお雛様。いつもの2月の風景。
  積雪
   
   我家の景色も、いつもの冬らしい。
  雪の結晶
   
   お友達の庭に積もった雪の上に変わった種がぶら下がっていた。シュウカイドウだそうだ。タネの大きさは微小、これでは発芽が難しいと思いきや。タネでも、球根でも、ムカゴでも殖えるそうだ。
 
シュウカイドウ(秋海棠) シュウカイドウ(秋海棠) シュウカイドウ(秋海棠)
   

next 2018.2.6 晴れ
   冬は訪れる鳥が良く見える。今日はツグミの大群が。とまった木はエゾノコリンゴ。実がたくさん残っている。これがお目当てなのだろうか?
  ツグミ
   
next 2018.2.7 晴れ
   朝早く出かけるときには、家の前の坂道のコンディションが気になる。ここのところ、連日-10℃と低いので、逆に溶けて凍ることなく、締まった雪で滑らない。
  坂道
   
   晴でも気温は低く、空気はピリピリ感じる。
  坂道
   
next 2018.2.9 晴れ
   運動公園の体育館で室内テニスをしている。運動公園を歩いているとスケスケの枝に、不思議な物発見。みんなで観察会が始まる。鳥の巣だろうか?
  ? 鳥の巣としたら、大きさからそう大型の鳥ではない。
しかし、木の上部にあるので、猛禽類から覗ける位置だから危険。
など、色々考えを巡らせたが、結論は出ない。
   
next 2018.2.11 雪  のち  晴れ
   朝の気温−10℃越えが5日続いて、きのうからちょっと緩む。てきめんに、屋根の雪と一緒に長いツララも落ち、軒先にレースの襟飾りみたいな飾りができた。
  ツララ
   
   向かいのお宅のモミの木の雪の飾りも面白い。
  雪
   
next 2018.2.9 晴れ
   軒下のツララが、朝日が当たりガラス細工のように輝く。10日、11日と寒さが緩み、今朝また下がった。この寒暖の差の産物だろう。
  ツララ
   


   
 
   



top page photo diary(2018.02)